サークルで
芸術・アートを楽しもう!

芸術・アートのサークル、メンバー募集中!

 注目のサークル

 いま「参加した人」がいるイベント

サークル活動レポート

2019/04/29 【4月29日(月)】新宿マンガ読み会 第2回

出たタイトル

マンガ読み会 4/29 主催者N BEASTARS チェンソーマン 阿波連さんははかれない 刃牙 七色いんこ Mさん 響 実写映画 主人公がブレない所が爽快 サイファー 古いから見つけにくい さよならミニスカート 女性蔑視を扱ったり スパイファミリー いじめるやばいやつ いじめっ子が主人公 設定が奇抜 あなたの鼓動を見させて。 解剖? グロい Sさん 本好きの下克上 異世界モノ 本の普及してない世界で本が欲しいから紙から作る 商売ものっぽさ 割と現実的なファンタジー 角川ルビーっぽさ キスアンドネバークライ フィギュアスケート 暗め ルール知れたり 結構読みやすい 本屋の森の明かり 書店員さんの話 本の紹介してくれる Sさん 少女椿 美しいエログロさ 恋愛ものな悲劇 ホラー系 富江 伊藤潤二 森田さんは無口 4コマ ホラー系 オカルトちゃんは語れない←亜人ちゃん 地獄少女 本当はあった怖い話 木曜の怪談 ぬ〜べ〜 アザゼルさん 恐怖新聞 笑うセゥルスマン 魔太郎学園 アスタロード ゲゲゲの鬼太郎 多重人格探偵サイコ 黒鷺死体宅急便 イキガミ 死神のバラッド 死ぬ人の元にくる死神 死神くん 変獄のシュベスタ 11人居る 秘密 清水玲子さん エデンの花 僕たちがやりました

関東マンガ読み会

2019/04/29 matonakaさん ・サークル管理人

2019/04/21 『ビューティフル・ボーイ』鑑賞会&親睦会

辛い環境になくても陥り得る薬物の恐ろしさと人間の弱さ

本日はティモシー・シャラメが演じる一見環境にもさほど不自由のなさそうな主人公が薬物に手を出し泥沼に陥っていく姿を描いた作品、『ビューティフル・ボーイ』をみなさんと一緒に鑑賞しました。鑑賞会の後の親睦会では作品の感想や評価、さらにおすすめの作品を用紙に記入していただきました。 本作品の評価としては5段階の星四つという評価が多かったです。作品は音楽の多用ということもありますが実話が基になっているということもあって、全体的な演出は自然な感じを受けました。そして主人公の少年の普通時の明るい様子の描写、逆に親に反抗したりくってかかる様子やおどろおどろしい内面の描写のシーンとの落差に驚かされました。 しかしこれはあくまでも映画、しかも父親の視点から捉えた作品だと思うのは父親自身の経験の描写があったりすることや堕ちていった少年を救えるのは結局父親を初めとした両親、肉親しかいないという事実に気付かされるからだと感じました。 参加していただいたみなさま、ありがとうございました。おかげでなごやかで感じのいい鑑賞会になりました。これからも豊かな映画ライフをおくってまいりましょう。

楽しい映画鑑賞会

2019/04/23 コーンチャウダーさん ・サークル管理人

2019/04/07 10:00〜12:00 朝の読書会 13:30〜16:00 哲学カフェ テーマ:考えるということ

充実した2時間半、様々な視点からの対話がありました

考えるということは一定方向に流されることだ。 考えると思う・感じるとはどう違うか。   考えるは対象から距離を置く営み、思う、感じるは対象に接近すること 見る事・聞く事を通じて考える   特に日本人は聞く事をおろそかにして来たのでは? 机の上では考えられないことでも歩くと思考が働くのはなぜ?   俳句も歩きながらの方がいいものが浮かぶ。 釈迦も沙羅双樹の下で息を抜いて初めて悟りを開いたー厳しい修行の中ではわからなかったことがわかるー一旦外に出て見ること スポーツの話が出ました。   アスリートの試合運びはよく考えられたもの   引退のタイミングは非常によく考えられている。最後の花道の演出 価値観の話が出ました。   価値観・人生観があまりに強固だと、発展的な思考を妨げる   貧困は思考を妨げるーなぜなら情報が入ってこないから。考えるきっかけもつかめない。 引きこもりの問題が出ました   考えすぎ、真面目すぎる人たち 考えることの功罪   まず、行動して見ることも大事なのではないか。思考が堂々巡りして、ノイローゼになるこ    ともある。 考えを持つためには文章を書くことが大切   メモを取る・取らないー本当に重要なことは頭の中に印象として残るから必要以上には取              らないという意見がありました。写真でも同じことが言える。写真              を撮りすぎて、風景を味わっていないことが多いのではないか。 語学学習についての話が出ました。外国語は構える姿勢が必要。一つ一つに意識的なること。   英語は単刀直入に切り込んでくる文章。原書を読むということは発想のダイナミックな転換   と根気がいる。 在日外国人が日本語が皆上手いという話が出ました。   なぜ、上手いか。外国に対して関心があるから。心が外に向かって開かれているから。   東京に一極集中というけれど、東京はどこをみているか、世界をみているのだ。 これからは、個人思考からグループ思考へ向かっていくのではないかという意見がありました。

永楽亭まちライブラリー

2019/04/12 shimoさん ・サークル管理人