映画

 芸術・アート

気になる映画を観に行きましょう。 お気に入りのスターや監督の作品、興味のあるテーマを扱った作品、アート系の映画や古典的名作などを観に行きたいけど一人で行くにはちょっとさびしいし、上映館も少し遠かったりして出かけるのがおっくうになり結局観に行かずじまいになってしまったという経験はありませんか? この「楽しい映画鑑賞会」では仲間と一緒に映画を観に行った後感想を気兼ねなく語り合えるサークルです。気になった映画を見逃すことなく映画を通じて仲間との交流を深めることを目的としています。 鑑賞する映画は洋画、邦画を問わず、既に古典となった名画や最近の封切り作品でも評価の高いもの、マイナーでも評価が高い作品、もちろん話題作も。 また東京近辺でも行ったことのない映画館に足を運ぶことによっていろんな場所に詳しくなれそうです。休日はちょっと足を伸ばして映画館まで赴き鑑賞後は仲間と語り合うことで交流を深めてみませんか。映画に詳しい、詳しくないは問いません。参加者の年齢層は記載の通りですが年代を絞って募集しているわけではありませんので映画が好きな方であればどなたでも大歓迎です。ご連絡お待ちしています。 これまでの鑑賞作品 『ローマの休日』『タレンタイム 優しい歌』『ドリーム』『ブレードランナー2049』『用心棒』『ベロニカとの記憶』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『第三の男』『アイ、トーニャ~史上最大のスキャンダル~』『MIFUNE: THE LAST SAMURAI』『ビューティフル・デイ』『東京物語』『皇帝ペンギン ただいま』『プーと大人になった僕』『2001年 宇宙の旅』(IMAX)『ボヘミアン・ラプソディ』『アリー スター誕生』『クリード 炎の宿敵』『ちいさな独裁者』『ビューティフル・ボーイ』『終わらなかった世界のために』『カスリコ』など 【サークル設立の想い】 映画好きの仲間同士で作品・時間・映画館の雰囲気を共有することで生まれるものがあるはずと思い設立しました。 映画を特に映画館で観るということはそれが古い作品であってもいつの時代も変わらない良質な感動を求める意識が人々の中にあってその反映として経験出来るものです。例えば黒澤作品を平成の終わりに名画座で観る、小津作品を映画祭の特集で観るといった体験は大衆がそれらの作品を時代を越えて欲していることの証とその結実であります。 また一個人にとっていつ、どこで、どの作品を、誰と観たかという記憶(記録)はささやかではあるかも知れませんが人生の重要な句読点となって後々当時の状況を鮮やかに蘇らせてくれる役目を果たすものにもなります。 大げさなものではないですが自宅でビデオを観ることとは違う何かがあったと感じていただけたら幸いです。

何をやってるサークルなの?

気になる映画を観に行きましょう。
お気に入りのスターや監督の作品、興味のあるテーマを扱った作品、アート系の映画や古典的名作などを観に行きたいけど一人で行くにはちょっとさびしいし、上映館も少し遠かったりして出かけるのがおっくうになり結局観に行かずじまいになってしまったという経験はありませんか? この「楽しい映画鑑賞会」では仲間と一緒に映画を観に行った後感想を気兼ねなく語り合えるサークルです。気になった映画を見逃すことなく映画を通じて仲間との交流を深めることを目的としています。
鑑賞する映画は洋画、邦画を問わず、既に古典となった名画や最近の封切り作品でも評価の高いもの、マイナーでも評価が高い作品、もちろん話題作も。
また東京近辺でも行ったことのない映画館に足を運ぶことによっていろんな場所に詳しくなれそうです。休日はちょっと足を伸ばして映画館まで赴き鑑賞後は仲間と語り合うことで交流を深めてみませんか。映画に詳しい、詳しくないは問いません。参加者の年齢層は記載の通りですが年代を絞って募集しているわけではありませんので映画が好きな方であればどなたでも大歓迎です。ご連絡お待ちしています。

これまでの鑑賞作品
『ローマの休日』『タレンタイム 優しい歌』『ドリーム』『ブレードランナー2049』『用心棒』『ベロニカとの記憶』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『第三の男』『アイ、トーニャ~史上最大のスキャンダル~』『MIFUNE: THE LAST SAMURAI』『ビューティフル・デイ』『東京物語』『皇帝ペンギン ただいま』『プーと大人になった僕』『2001年 宇宙の旅』(IMAX)『ボヘミアン・ラプソディ』『アリー スター誕生』『クリード 炎の宿敵』『ちいさな独裁者』『ビューティフル・ボーイ』『終わらなかった世界のために』『カスリコ』など

【サークル設立の想い】
映画好きの仲間同士で作品・時間・映画館の雰囲気を共有することで生まれるものがあるはずと思い設立しました。
映画を特に映画館で観るということはそれが古い作品であってもいつの時代も変わらない良質な感動を求める意識が人々の中にあってその反映として経験出来るものです。例えば黒澤作品を平成の終わりに名画座で観る、小津作品を映画祭の特集で観るといった体験は大衆がそれらの作品を時代を越えて欲していることの証とその結実であります。
また一個人にとっていつ、どこで、どの作品を、誰と観たかという記憶(記録)はささやかではあるかも知れませんが人生の重要な句読点となって後々当時の状況を鮮やかに蘇らせてくれる役目を果たすものにもなります。
大げさなものではないですが自宅でビデオを観ることとは違う何かがあったと感じていただけたら幸いです。

企業アンバサダー募集バナー

予定されているイベント

平均返答時間 (過去1ヶ月)

  6時間以内

サークル情報
活動場所東京都 新宿区 渋谷区
東京の各映画館
カテゴリ 映画 芸術・アート
活動頻度 毎月1回
おもな活動日土曜 日曜 祝日
人数121
男女比だいたい同じ
年齢層[ 20代多め    30代多め    40代多め ]
会費・費用映画チケット代、映画館までの交通費、親睦会の飲食代
メンバー募集 メンバー募集中!
ウェブページ